廃車処分ならガリバーの方が便利かな?

車の廃車処分ならガリバーとカービューがありますが、便利さならガリバーかなと思うことがあります。カービューで廃車する場合、廃車専門の業者から廃車 見積もりを取ります。対してガリバーは、ガリバー自身が廃車見積もりを出して引き取ります。この時、まれに廃車予定の車に価値があったとすると、廃車ではなく普通の車査定 中古車車買取 中古車になることがあります。

一般的に廃車になる車の例は、走行距離は10万キロ超えの車や、初年度登録から10年以上経過している車などです。この時、可動・不動は関係ありません。事故車の不動車でも部品取りに使えるケースがありますからね!例えば、外車で高級スポーツカーなどは、廃車で鉄くずにするなら部品取りとして扱う方がメリットがあるわけです。これは、まれな例かも知れませんが、旧車などもハコスカの事故車なら部品取り、もしくは程度によっては修理して販売した方が良いかもしれません。このように、意外と鉄くずとして処分するには惜しいケースがあるわけです。

ただ中途半端に古く、また人気の無い車の場合、確実に廃車に行きますよね!それでも鉄くずとしての価値がありますから!下手に雨ざらしで放置しておくくらいなら廃車見積もりを活用してみても良いかもしれませんね!
タグ:廃車
posted by 自動車・廃車見積もり(ガリバー) at 10:39 | 自動車の廃車方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。