車を売る時に注意したいリサイクル券(預託証明書)!再発行方法とは!

2005年に公布された自動車リサイクル法により、車を売る時にはリサイクル券が必要になりました。ただ、それ以前に購入している車の場合、売却時にリサイクル料金が別途請求されるようですね。今では、自動車買取査定中古車買取査定事故車買取の時には、必ずリサイクル券が必要になるようです。なおバイクは、自動車リサイクル法の対象車両外なのでリサイクル券は必要ありません。その代わりバイクは、2004年からスタートした『二輪車リサイクルシステム』で加盟会社による独自のリサイクルがあります。メーカー希望小売価格に予めリサイクル費用が含まれるようになったそうです。まあバイク買取査定を利用する分には、関係ないかもしれませんね!なお、リサイクル券を紛失した場合ですが、基本的に再発行ができません!しかし、『自動車リサイクル料金の預託状況』が証明代わりになり、『自動車ユーザー向け/リサイクル料金検索(http://www.jars.gr.jp/gus/exju0010.html)』から印刷して代用するようです。廃車見積もりでリサイクル券を失くしてしまった方は、覚えておくと便利かもしれません!
posted by 自動車・廃車見積もり(ガリバー) at 15:11 | 廃車手続きのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。