不法投棄されている自動車はなぜナンバープレートや車体番号が無いの?

自動車の不法投棄が社会問題となっていますが、これも自動車リサイクル法のおかげで少しずつ減少傾向にあるそうです。とはいいながら自動車の不法投棄は、まだまだ無くならないのですが・・・

特に不法投棄されている自動車は、その所有者や名義人が分からないように、ナンバープレートや車体番号が削られてるケースが非常に多いことです。特に車体番号で自動車の名義人を直接割り出すことは出来ませんが、その情報を追跡していくことである程度のところまで辿り着くことができるそうですね。

そもそも自動車に限らず、不法投棄に対して5年以下の懲役(最高)もしくは1000万円以下の罰金が科せられます。場合によっては、この両方が科せられることもあります。

そもそも不法投棄車両に対しては、その所有者が撤去や処分をする必要があります。例えば私有地の不法投棄車両に対しては、私有地のオーナーが車の所有者に対して撤去させるわけです。本来は、名義人でも良さそうですが、名義人が所有者でないこともあります。例えば、業者に処分した自動車が、廃棄手続きをされないまま不法投棄されることもあるようです。

なお所有者や名義人が分からない自動車の不法投棄には、各自治体で独自の対策を決めているケースがあるので一度相談してみるといいです。最後に私有地に捨てられている自動車だからといって、むやみに公道などの別の場所に動かすと、余計にややこしくなることがあるので、必ず所有者に撤去を求めるようにしましょう。

もし撤去しない場合、裁判所に強制執行を申し立てをして、第三者に撤去してもらいことです。この時に発生する費用は、所有者に請求することが出来るそうです。
タグ:不法投棄
posted by 自動車・廃車見積もり(ガリバー) at 15:53 | 不法投棄について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。